バックナンバー

介護の深い情報

新着情報

介護予防に大きな役割を持つ

介護サービスを提供している施設は、主にはふたつの種類に分類できます。ひとつは入居系施設で、これは利用者がそこに入居し、そこを拠点として必要なサービスを受けながら生活を送ると言う種類の私設です。特別養護老人ホームや有料老人ホームなどがこれに該当します。そしてもうひとつの種類は、通所系施設です。これは自宅、あるいは入居系施設から通い、午前中や日中などを過ごすことを目的としている施設です。その代表格が、デイサービスです。デイサービスの利用に際しては介護保険を利用することができますが、一部の入居系施設とは異なり、要支援段階の人でも利用することができる言うのがひとつの特徴です。つまりデイサービスは、介護サービスを提供するのは勿論ですが、今の状態を悪化させないこと、あるいは社会参加の機会を設けること、その人の生きがいを創出していくことなどを目的としているところが大きいです。よってたとえば残存機能を維持、向上させるためにマシンを使ったリハビリに力を入れている施設や、レクリエーションに力を入れ生きがいの創出に力を入れている施設などがあります。また最近では、認知症の方専門のデイサービスも増えてきています。ここに日中、通ってもらい、正しい生活リズムを見つけてもらうことで、夜間の徘徊を予防し、また介護する家族の負担軽減などを目的としています。介護予防と言う観点は、これからの日本においては欠かせない視点です。その意味では、デイサービスが担う役割は大きいと言えます。

↑PAGE TOP