バックナンバー

介護の深い情報

介護で利用可能なリハビリ

公的介護保険制度の利用にあっては様々な種類が存在しますが、その認定を受けた利用者の中には、リハビリテーションを受けた方がよいとされる場合もあり得ます。このとき、いわゆる老健または医療機関においてリハビリテーションの専門家である理学療法士などの下、行われたりします。しかしながら、介護が必要な人の中には在宅においてサービス提供を受けたいという希望を持つ人が少なくありません。このとき、主治医の指示の元で訪問リハビリテーションを受けることもあります。提供する事業所が、この訪問リハビリテーションを実施している事業所であることが必要不可欠ですが、最近ではリハビリテーション科を標榜する医療機関が積極的にこの訪問リハビリテーションを行う場合も多いです。公的介護保険制度の種類の中にはデイサービスなども、リハビリを行うとうたうところがあります。ただし、行政的にはデイサービスで行えるサービスの中で、一つの種類としてリハビリを行うだけであって、最初からリハビリありきではありません。こうした点に注意をしながら、主治医の意見や指示の元で適切なリハビリを受けながら生活を送ることも必要になります。なお、要介護認定を受けていない人の場合は、医療行為としてのリハビリという選択も考慮可能です。

↑PAGE TOP