バックナンバー

介護の深い情報

高齢者介護施設の分類について

高齢者介護施設は体制やサービス内容により様々な種類があります。そして、どの種類かによって対象となる方も異なります。高齢者介護施設の中でも、「有料老人ホーム」は比較的軽度の方でも入りやすい場所となっています。民間で運営されていることが多く、様々なサービスを受けることができます。なお、有料老人ホームの場合はサービス内容・体制により、さらに種類が分かれます。一方「軽費老人ホーム」は、家庭の都合などによりお金があまりない方を対象とした介護施設となります。そのため、入所は所得の低い人から優先となります。小集団での生活の場としては、「グループホーム」も挙げられます。これは認知症の方を対象とした施設となっており、専門のスタッフに支えてもらいながらそれぞれ役割を持って生活していきます。そして、要介護3以上の方のみを対象とした施設として、「特別養護老人ホーム」があります。この施設は要介護3という、比較的重い状態の方を対象としており、主に社会福祉法人が運営しています。そのため、比較的費用が安くおさえられています。このように、高齢者向けの施設には様々な種類があります。そのため、対象者に合った施設を選ぶことが重要となります。

↑PAGE TOP